色々不調な「Dell Venue 8 Pro 5855」その後のその後

冬イベも残りわずかとなってしまい、DellのVenue 8 Pro 5855で冬イベを堪能する…という目論見は崩れてしまうのは確定となってしまって悲しいなって…。

先日こんなエントリを書いたんだが、その後Dellに修理対応の依頼をしてタブレットを送っていた。

今日TwitterのDMにDellのサポートから連絡があったんだけど…

スポンサーリンク
広告

まさかの返却!?

DMをみて『マジスか!?』と突っ込みたくなってしまった。

というのは、改善調査にさらなる時間が必要な状況となるため、いったん返却する、とのことだった。

DellのVenue 8 Pro 5855というモデルは8インチタブレットでは国内唯一といっていいスペック。

このエントリでスペックを表にしたけど、WUXGAな解像度でメモリ4GB搭載した8インチWindowsタブレットは今だとこのVenue 8 Pro 5855くらいしかない。その上Wi-Fiもac規格に対応していたり、USB Type Cを採用していたりと、結構最新規格てんこ盛りのモデルだったりする。なので、購入を考えていたり、実際購入してる人は結構いそうなのだ。

で、Twitterやネットで調べてみると、おいらと同じような症状で困ってる人をよく見かけるわけで、そんな人達もBlogやTwitterで修理対応や交換対応してもらってる…という報告を見ると、人によって対応違うのか? と疑問に思ってしまう。調査はしても対応ができないとか言われるとものすごく困ってしまうわけで。

このモデルって日本よりも先にアメリカとかで発売されてると思うんだが、日本で起きてるようなトラブルは発生してないのかも気になるところ。

返却されてもタッチパネルとボリュームの不調を抱えながら使う気がしないので、調査結果のあと、どう対応してくれるのかを確認するまでは文鎮常態になりそう。この分だと2月中どころか3月になってもまともに使える可能性が低そうで本当に悲しいぞ。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です