一日江ノ島三昧その1 狭いようで以外と広い江ノ島を歩きまくり

1日江ノ島三昧 その0 鵠沼海岸『埜庵』で口の中で『はらり』と溶ける絶品かき氷を食す“というエントリで紹介した埜庵でかき氷を食べた後にそのまま江ノ島に行ってきた。

Enoshima 01 01 NEX-6 (61mm, f/6.3, 1/1000 sec, ISO100)

夜になるとライトアップされる江ノ島灯籠を見に行こうと、知り合いと1日江ノ島観光してきたのだ。

観光しながら鳥歩きしてみた

Enoshima 01 02 NEX-6 (62mm, f/7.1, 1/800 sec, ISO100)
Enoshima 01 03 NEX-6 (64mm, f/7.1, 1/250 sec, ISO100)
Enoshima 01 04 NEX-6 (41mm, f/5, 1/640 sec, ISO100)
Enoshima 01 06 NEX-6 (200mm, f/6.3, 1/1000 sec, ISO100)
Enoshima 01 05 NEX-6 (54mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100)
Enoshima 01 07 NEX-6 (18mm, f/5, 1/125 sec, ISO100)
Enoshima 01 08 NEX-6 (23mm, f/4.5, 1/400 sec, ISO400)
Enoshima 01 09 NEX-6 (200mm, f/6.3, 1/400 sec, ISO200)
Enoshima 01 10 NEX-6 (35mm, f/3.5, 1/4000 sec, ISO200)
Enoshima 01 11 NEX-6 (18mm, f/3.5, 1/2500 sec, ISO800)
Enoshima 01 12 NEX-6 (200mm, f/6.3, 1/640 sec, ISO400)
Enoshima 01 13 NEX-6 (18mm, f/3.5, 1/800 sec, ISO400)
Enoshima 01 14 NEX-6 (18mm, f/5, 1/125 sec, ISO400)
Enoshima 01 15 NEX-6 (200mm, f/6.3, 1/1000 sec, ISO800)
Enoshima 01 16 NEX-6 (75mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO800)

カメラとレンズの話

江ノ島観光に持って行ったのはNEX-6+SEL18200とSEL35F18の組み合わせ。

NEX-6+SEL18200 NEX-5 (39mm, f/8, 1/20 sec, ISO1600)
NEX-6+SEL35F18 NEX-5 (55mm, f/8, 1/20 sec, ISO1600)

メインで使っていたのはSEL18200。やっぱり18mmから200mmという幅はなかなか便利。換算300mmのズームは近づけない場合に使えるわけで。コンパクトなNEXのボディにはSEL18200は相対的にゴツく見える。レンズボディをしっかり支えられるから個人的には使いやすい…だけど、最近は単焦点レンズばっかり使ってたからちょっと新鮮。絞り値もそれほど明るくないからSEL35F18みたいにボケないけど、1本で広角から望遠までカバーできるのはホントに便利。

SEL35F18は暗くなってから使おうと思って持って行った。絞り開放で1.8という明るさは魅力的なのだ。あとは食べ物をとるときに結構重宝したかな。

【参考リンク】
江の島灯篭2013 | 江の島シーキャンドル

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です