iOSデバイスやMacをなくす前に必須の設定!! iCloudに登録しよう

もう二度としない!! と誓っていたのにもかかわらずやってしまった…

何をやってしまったかというとiPhone5sを落としてしまった。

iPhone4Sを使っていたときに落としたことがあったのだ。

iPhone4Sを落としてから戻ってくるまでの顛末 | オタしましょっ

このときは外で落としたからかなり焦ったけど、今回のiPhone5sは映画館内で落としたのは確実だったので前ほどは焦っていなかった。

こんなポストをしていたけど、このときはまだ楽観視していたわけで。

まどマギを見に行ったバルト9でやってしまったのだ。気がついたのは上映直前で、見終わってから探そうと思って上映後に座席周辺を探しても見つからない。

このときに一緒に映画を見ていた知人に頼んで電話をかけてもらった。…だけどマナーモードにしていたのであまり意味がなかった…。このときたまたま持っていたiPad miniから『Find iPhone』起動しようとしたけど、パス入力に手間取ってタイムアウト。

しょうがないのでスタッフの人に落としたことを告げて離脱。

このとき紛失モードにして5sの画面にメッセージが表示されるように設定しておいたけど、コレで多少は違うかなーと思ってやってみた。

IOS mac find 01

落としたiPhoneをトレースしていたらまだバルト9にありそうだったので翌朝もう一度バルト9へ行ってみた。このとき試したかったのが『サウンド再生』

IOS mac find 02

上映の切れ目に座席周辺に入ることが出来たので鳴らしてみたところ、音源をたどっていって発見できたのだ!!

いやぁ、見つかって良かった…。

まとめ…のようなもの?

iOSデバイスは『設定』→『iCloud』の『iPhoneを探す』をonになっていればトレース可能。これはoffにしない方がイイ。落としたり紛失したときに非常に役に立つから。二度落として回収できたのはこの機能のおかげ。ホントに助かった。

ちなみにMacも登録するとトレース可能になる。

IOS mac find 03

『システム環境設定』→『iCloud』→『Macを探す』のチェックボックスをオンにすればOK。

ソフトとハードを一括して開発してるAppleならではのサービスだよなぁ。ホントに助かった。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です