ファンタジーで義務教育!? 『リーングラードの学び舎より』を読んでみた

今年になってからweb小説投稿サイト『小説家になろう』に投稿されている作品を読む機会が多くなった。

web小説掲載サイト『小説家になろう』に投稿されている『異世界食堂』は読めば読むほどお腹が空いてしまう!! | オタしましょっ

知り合いに最近すすめてもらったタイトルで非常に面白かったのが『リーングラードの学び舎より』。

リーングラードの学び舎より

舞台は権と魔法のファンタジー世界なのに義務教育をすすめるプロジェクトが王様主導で発足、そのプロジェクトで無理やり教師をさせられたヨシュアン・グラムが主人公。このヨシュアンがくせ者なのだ。

ヨシュアンはリスリア王国でも最凶(強)術式師集団タクティクス・ブロンドの1人で、チート級ってくらいの強さを持っているのに担当クラスの生徒5人には手を焼かされまくり。

5人とも個性というかアクが強いキャラばかりで苦労というかホントに試練突破できるの? と突っ込みたくなるような無軌道ぷりなのだ。

そんな5人も第一の試練までに降りかかってきたアクシデントやトラブルを乗り越えていくわけで。特に第一の試練の終盤はグッとくる。

トラブルやアクシデントでは生徒達だけじゃどうしようもないこともあるんだけど、そこはヨシュアンが大活躍。生徒を救うために単身敵国に乗り込んだりと、こっちはこっちで無茶を通すために道理を蹴っ飛ばすような行動をとっている。

この『リーングラードの学び舎より』は王道的なラノベタイプでどこか懐かしさを感じる…かもしれない。話数も200話を超えていてへたなラノベよりもよっぽど長編と言ってもいい。徐々に広がる世界観を横軸にヨシュアンの過去・現在を縦軸に進むストーリーの展開が上手くてどんどん読めてしまう。最小単位の1話ごとに見ていても日常パートのギャグ要素の強い会話劇もついつい笑ってしまうわけで。世界観やキャラ設定がしっかりしているので読んでいて違和感を感じない…というのもあるのかな。それに登場キャラクター自体が個性的。個人的には不思議系エルフ娘のリリーナを推したいところ。あとは白いのとか。

ちなみにこの作者のいえこけいさんは設定集をアップされていて、しれっとストーリー上重要な内容も書かれていたりするのでこちらも合わせて読むとよりリーングラードの世界観を把握しやすい。

リーングラードの学び舎より設定集

かなり読み応えがある作品なので最新話まで追いつくのにちょっと時間はかかるけど、その分しっかり楽しめるんじゃないかな

ちなみに、iPhoneユーザーだったら非常にオススメのアプリがある。コレを使えばすき間時間にサクサク読めるので未使用だったらぜひ使って欲しい。

使い方についてはこんなエントリを書いたので参考にしてほしい。

web小説掲載サイト『小説家になろう』投稿作品をn倍快適に読める『小説Viewer』が復活した!! | ろっぱ屋

リーングラードに限らずなろう作品を読むのに非常に便利でオススメ。

【参考リンク】
てれびん大歓喜!『リーングラードの学び舎より』が超、超、面白い!: 趣味を生きる。
『リーングラードの学び舎より』 いえこけい 著 最近盛り上がって読んでいます。 – 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために
「小説家になろう」で傑作を発見。『リーングラードの学び舎より』を読もう!:海燕の『ゆるオタひきこもり生活研究室』:ゆるオタ残念教養講座(海燕) – ニコニコチャンネル:エンタメ

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です