iPhone6plusにはケースが必要だと思う2つの理由

iPhone6plusに変えてからもうすぐ1年。保護フィルムとケースは最初の時から使ってる。特にiPhone6plusはケースを使いたいと思ってる。

iPhoneが傷ついたり壊れたりしにくいように保険をかけておきたい…というのがあるので、3Gを使っていたころから保護ケースとフィルムを使い続けてる

あらためてそう思うのはこのエントリを読んだから。

スポンサーリンク
広告

iPhone6plusのカメラユニットの出っ張りが気になる。

iPhoneをそのまま使う人も多いけど、おいらはケースを付ける派。問題ないと言う人もいるけど、落としてガラスを割った時の修理費を考えると2〜3,000円のケース代と保護フィルム代で回避できるならそっちの方が良いと考えているから。

iPhone6plusをケース無しだと気になる部分

iPhone6plusのカメラユニット部分

iPhone6plusはカメラユニットが出っ張っているから色々気になってしょうが無い。

横から見るとカメラ部分の出っ張りがわかりやすい

横から撮ってみたんだけど、カメラ部分の出っ張りがちょっと気になる。iPhone6plusはファブレットサイズなので、あまり分厚いケースだと持ちにくくなりそう。なので、できるだけ薄めのケースを使おうと思って選んだのがこれ。

iPhoneのケースの素材はTPU素材が多いかな。適度な堅さがある割に弾力性もあるし、手に持った感覚が好みなんだよねぇ…。実のところ、本命のケースが決まるまでの『つなぎ』だったんだけど、思ったより気に入ってしまったわけで。値段も手頃なところがお気に入りの一つだったり(笑)

iPhone6plusにケースを付けた場合。

iPhone6plusにケースを付けるとこんな感じになる。

保護ケースを付けるとiPhone6plusのカメラユニットの出っ張りが気にならない。

中々イイ感じに収まってくれた。

保護ケース無しでiPhoneを使うときの懸念アリ。

カメラユニットの出っ張り意外にももう一つ気になる懸念がある。

狐の王国さんのエントリだけど、傷や汚れが保証対象外になってしまうケースがある…というのを聞くと、いくらジョブズが『擦り傷のついたステンレスを美しいと思う』と言っていても個人的にはケースが必須と思ってしまう。

まぁ、そんなわけでおいらはケースと保護フィルムを使ってしまうのだ。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です