追加出費になるけど、「Mac OS X 10.8 Mountain Lion」を購入してみた

iPhone6plusまで母艦にしていたMacBook Proが未だにSnow Leopardのため、iPhone7が認識してくれなくて移行にひと手間かかったことはちょっと前のエントリに書いた。

このときはメイン環境として使ってるMacBook Airで移行作業を行ったんだけど、音楽データは引き継がれなかったのだ。

リッピングした音楽データをiPhone7で聞きたくなってSnow Leopardから最新OSにアップデートしようとしたものの、macOS Sierraがリリースされてしまってアップデートできなかった。Snow LeopardがmacOS Sierraのサポートから外れてしまっていたからコレは詰んでしまった…

スポンサーリンク
広告

Snow LeopardなMacBook ProになんとかMoutain Lionをインストールできそう

音楽データをMacBook Airに移行するしかないか…と諦めていたけど、色々調べてみたらMacBook ProのOSをアップデートできる方法が見つかったわけで…

Moutain Lionをダウンロード購入してみる

アップデートはできなかったけどダウンロード購入ができるようなのでこちらを試してみることにした。

Mbpml 01

OS X Mountain Lion – Apple(日本)

2,000円ちょっとかかってしまうけど、ここは必要経費と思って購入。

購入してからすぐにダウンロードできるかと思ったら、数日時間がかかるらしい。

ダウンロード購入してから2日後、Appleボリュームライセンス事務局から2通メールが届いてやっとMountain Lionのダウンロードが可能になる。

1通目のメールにPDFが添付されており、ひらくとパスワードを要求される。

2通目のメールにパスワードが記載されているので、このバスワードを使ってPDFを閲覧可能にする。このPDFにコンテンツコードが記載されているので、AppStoreを起動して利用する。

Mbpml 02

AppStoreの「ナビリンク」にある「iTunes Card/コードを使う」をクリックするとコンテンツコードを入力するページに遷移する。

Mbpml 03

コンテンツコードを入力するとダウンロードが始まる。

実際にダウンロードされ始めたので、完了したところでMountain Lionにアップデートするつもり。

MacBook ProをiPhone7の母艦にできるようになるので、MacBook Proで管理していた音楽データをiPhone7で聞けるようにできる。これでiPhone7に入れ替えたときに抱えたトラブルはすべて解消できるからほっと一息というところかな。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です