BlogエディタのMarsEditでFancybox用のタグを自動的に入力する方法

WordPress上でライトボックス風に画像をポップアップしてくれるプラグイン『Fancybox』。コイツを上手く使うには画像のタグに特定のコードを入れる必要がある。

おいらの場合はBlogエディタからしか投稿していないのでエディタ上で毎回コードを入れるのが面倒。Mac環境で愛用しているMarsEditで画像を掲載するときにコードを入れられるように設定してみた。

Fancybox自体はこのブログを立ち上げたときから導入済みでMarsEditも設定していた。エントリにしようと思ってたんだけど、中々かけないうちにかなり時間が経ってしまった…。

設置してから結構時間が経ったけど、備忘録としてエントリにしてみた。

MarsEditの設定

  1. MarsEditを立ち上げて『New Post』をクリックする。
  2. 入力ウィンドウの『Media』アイコンをクリックする。
    Wpfancybox me 01
  3. Media Managerが開いたら設定用に適当な画像を選択してStyleのプルダウンメニューでCustomizeを選択する。
    Wpfancybox me 02
  4. テンプレートの一覧が開くので、左したの『+』ボタンをクリックしてテンプレートを新規作成する。
    Wpfancybox me 03
  5. 『Name』にテンプレート名を入力して『Opening Markup』にタグを入力してOKボタンを押す。
    Wpfancybox me 04
    入力するコードは以下の通り。
    <a title="#alttext#" href="#fileurl#" rel="fancybox"><img title="#displayname#" src="#fileurl#" alt="#alttext#" width="415" height="auto" /></a>
  6. Fancyboxでポップアップさせたい画像の場合はStyleで5.で設定したテンプレート名を選択してやればOK。
    Wpfancybox me 05

これで設定はOKかな。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です