Venue 8 Pro 5855のタッチパネルトラブルを解消してくれるファームウェアをDellがついに公開!! これでまともに使えるようになる…

Dellの8インチWindowsタブレットのVenue 8 Pro 5855がうちに届いてからまる2ヶ月。初っぱなから2つの大きなトラブルに悩まされていたけど、ついに、ついにトラブルが解消されたのだ!!

おいらが遭遇していたトラブルは2つで、ひとつはスピーカーの音量、もう一つはタッチパネルの不具合だった。

スピーカーの音量問題についてはすでに解決していて、そのときもエントリを起こしていた。

スピーカーの問題が解決してから約2週間ほどでタッチパネルの不具合にも対応してくれたことになるのか…

この知らせをどれだけ待ったことか…

スポンサーリンク
広告

早速アップデータを適用してみた!!

上記のツイートに記載されているURLからファームウェアをダウンロードしてクリックすればインストールが始まる。

Venue8pro5855 07a

完了するとしばらくして再起動がかかるので、それで更新作業はおしまい。『ホントにこれでいいの?』って思ったくらいあっさりした更新だったりする。

だがしかし、なのである。

アップデータの効果はすぐに実感できたのだ!!

今までだと、手に持って使おうとするとタッチパネルが効かなくなることが非常に多くてかなりイラッときていた。一度スリープしてからだとPinコードを入力する必要があったんだけど、タッチパネルが効かなくなるとPinコードが打ち込めなくてログインできない…という非常に間抜けな状態になってしまうからなぁ…。

机の上とか膝上に置きながらだと何とか使えるレベルだったから普通に使えるのはほんとに嬉しい。

手に持った状態でも普通に使えるようになったから、今後はVenue 8 Pro 5855をメインで使うつもり。

しかし、ボリュームもタッチパネルもハードウェアそのものの問題と思っていたけど、ファームウェアのバージョンアップで対応できるものなのねぇ…。

春イベには間に合ったのでがっつり使い込んで行きたいところだな(笑)

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です