WordPressのテンプレートをSimplicityに変更してみた。

今のBlogを立ち上げるときにWordPressのデフォルトテーマのままにしていた。旧BlogではSTINGER3というテンプレートを利用していた。

WordPressテーマのSTINGER3公式サイト

STINGER3を適用した旧ブログはこんな感じ。

オタしましょっ

今のBlogもSTINGER3使うのはイマイチ面白くない…と思って見つけたのがSimplicityという無料Wordpressテーマなのだ。

WordPressの管理画面から柔軟にカスタマイズしやすいのが魅力のSimplicity

特徴については公式サイトに書かれていたので以下引用。

  1. シンプル
  2. 内部SEOの最適化
  3. 拡散のための仕掛けが施されている
  4. 端末に合わせた4つのレスポンシブスタイル
  5. 手軽に収益化
  6. ブログの主役はあくまで本文
  7. カスタマイズがしやすい

WordPressのテーマをカスタマイズするとなれば、直接テンプレートファイルをエディタで開いて修正、アップして各ブラウザで確認する…というイメージがあったけど、Simplicityはかなりの部分をWordPressの管理画面から設定できるのはイイ感じ。

イイ感じなんだけど、設定項目が幅広いので自分が望む方向を確認するのに時間がかかりそうなのだ。

カスタマイズする場合も、後々の管理もラクになる子テーマも用意してくれているので非常にありがたい。配布されているサイトでは、設定のしかたやカスタマイズ方法を紹介してくれているから、テーマファイルを弄るときに非常に助かる。

Wp simplicity01 01

子テーマで修正すれば、Simplicityを最新版に更新したときに自分で修正した部分が上書きされる心配もないわけで。

Simplicityも自分のBlogに導入してから数日も経ってないので、まだいじり切れてないけど、徐々に修正していきたい。

ま、修正だけじゃなくて更新頻度も上げていきたいけどねー

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です