iPhone7で充電しながら有線のイヤフォンが使える二股アダプタを使ってみた

普段iPhoneで音楽を聴くときはBluetoothの完全分離型イヤフォンを使ってる。

ちょっと前にBlogのエントリで書いたZolo Liberty+を使ってる。

長時間は使えないので有線のイヤフォンも予備で持ち歩いているんだけど、コネクタ自体通常のイヤフォンジャックなのでiPhone7ではそのまま使えないためLightningコネクタに変換するアダプタが必要なのだ。iPhone7にアダプタは同梱されているんだけど、排他仕様なのでイヤフォン使用中は充電できない。手頃なお値段で充電しながら有線のイヤフォンがつかえるアダプタを探してみた。

かさばらないデザインの二股アダプタをチョイス

あんまりこだわりがなかったので二股ケーブルではないコンパクトなタイプを選んでみた。

開封してみた。

Iphoneadapter 01

Iphoneadapter 02

Iphoneadapter 03

両端にイヤフォンジャックとLightningコネクタがアダプタの両端に設置されている。

iPhone7に付けてみた。

Iphoneadapter 04

実際にiPhoneへ付けてみた。余談だけどアダプタがiPhoneに接続されるとアダプタの中央部分の帯が光る。

Lightningコネクタの基部がちょっと離れているので負荷がかかったときにどうなるかが不安といえば不安かな。普通にテーブルの上で使ってる分には問題なさそう。

音質自体は普通のイヤフォンだと問題なかったと思うんだけどiPhoneの純正イヤフォン(イヤフォンジャックの旧タイプ)だとちゃんと音声が出ない。ボーカルだけちゃんと出ないのよね。このアダプタを使う場合は純正イヤフォンはちょっとおすすめしない。

他の懸念点としてはおいらが買ったアダプタは通話時に使えないようで、音楽試聴専用ってことみたい。有線のマイク付きイヤフォンで使いたい場合は対応アダプターを買った方が良さげ。

アマゾンで調べたら通話もできそうなアダプタが出てきた。値段自体かなりお安いのでお試しでポチってもありかも。

しばらく使ってみて不満点があれば他のアダプターを試してみようと考え中。しかし、Lightningコネクタでしかイヤフォンを使えないようにするなら充電も同時にできる二股アダプタを純正で付けて欲しかったぜ。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です