Foltiaを導入した録画サーバのHDDを交換してみた

HDDトラブルを起こしていた録画サーバなんだけど、HDDを購入してきたので交換作業に入ってる。

トラブルの内容と原因については上に挙げたエントリに書いていたわけだけど、HDD交換についてはちょっと面倒な手順が必要なのだ。

休日フルに使って作業するために休前日にHDDを買ってきた。

またまたWestern Digital Grennの3TBを購入。コイツをFoliaの録画サーバに導入する。

HDDを交換する手順

Foltiaを普通にインストールするとファイルシステムにLVMディスク拡張が使われている。

LVMとは物理的に分かれているストレージを1つにまとめるようなもの。

HDDを追加するのは簡単だったけど、交換は面倒かも…と思っていた。

で、実際にやってみると思ったよりもハードル低そう…と思ってる。

  1. 新しいHDDをマウント
  2. 新しいHDDをLVMのグループに追加
  3. 古いHDDのデータを追加したHDDにコピーする
  4. 古いHDDをVG・PVから削除

これで交換作業はいけるはず…。

実際にやってみた

交換についてちょっと不安だったのでFoltiaのサポートに問い合わせており、このときに参考になるURLを教えてもらっていた。

教えてもらったマニュアルページを見ると、そのまま適用できないので必要な部分をピックアップして作業したわけで。

まず現状の状況を確認する。

エラーが出ているHDDはsdb1。これが確認できたら電源をoffにして新しいHDDに追加する

追加したHDDを確認する。

このディスクをPVに追加する。

新しく追加したPVをtankに登録する。

追加したHDDが反映されているか確認する。

登録できているのを確認できたらデータを移動する。

データの移動にえらい時間が掛かったけど、完了したようなので元のデータが入っていたsdb1をPVから削除する。

vgreduceというコマンドでsdb1のドライブをtankから削除したかったんだけど何故かできない。

しばらく原因が分からなかったんだけど、データが入ったままだと削除できないということが分かったので、もう一度pvscanで現状を確認したところ、まだデータがsdb1に残っていたので再度移動させる。

移動後にもう一度pvscanで確認する。

sdb1からデータが移動できているので、もう一回vgreduce。

今度はちゃんとtankから削除できた。

pvscanで確認するとsdb1はtankから削除されているのが分かる。

さらにPVからも削除する。

電源を落としてトラブルの元になってるHDDを取り出してサーバを起動する。で、起動したらターミナルからsshでログイン、pvscan、vgscan、lvscanで確認する。

追加したHDDの容量が完全に使えてないようで、前回追加したときのようにファイルシステムの拡張を試してみた。

このエントリでも書いたxfs_growfsを試してみたところ、上手く行かない。HDD追加時にダメだったlvextend -l +100%FREE /dev/tank/tvを試してみたところ…

LVMでちゃんと認識するようになった。

コンソール上とfoltiaの管理画面上でストレージ容量がちがう!?

foltiaのサポートから教えてもらった手順をかなりはしょった感じになったけど、これで完了…となれば良かったんだが、まだちょっと問題が発生。

Foltiatrouble02 01

foltiaの管理画面上ではHDD容量が増えていないのだ。交換以前に途中で再生できなかった録画データはちゃんと再生できてるし追加したHDDの容量を全部使えない以外はトラブルはなさそう。せっかく3TBのHDDを導入したのに使えないとは… トホホ…。

【参考リンク】
foltia ANIME LOCKER:アニメ録画のオールインワンパッケージ 深夜アニメ自動全録画予約やiPadでのリアルタイムテレビ視聴、全自動CMカットも

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です