デスクトップアプリでまともに使えるDLNAクライアントのKodi(旧名xbmc)はWinタブ使いにマジでオススメのプレイヤーだった!!

録画サーバを組んでからはデバイスに左右されずにアニメ視聴ライフを楽しんでいる。

『foltia』を導入して5ヶ月ほど経ったので使用感を書いてみる。

上記エントリでもちょっと紹介したけど、WindowsタブレットのVivoTab Note8では、kodi(旧XBMC)がメインのマルチメディアプレイヤーになっている。

Winタブ環境でものっそい相性いいのだ!!

Kodi | Open Source Home Theatre Software

最初はXBMCという名前だったんだけど、いつの間にかKodiという名前に変わっていた。ソフト名自体が変わっているのでどうもオンラインアップデートが出来ていないようで、最新版をサイトからダウンロードしてセットアップしてみた。


スポンサーリンク
広告

デスクトップアプリなにタッチデバイスでとても使いやすいUI

今まではPCやiOSにも入れていたVLCをインストールしていたんだが、Winタブの場合もタブレット向けのストアアプリ版と従来のWindows環境で動くデスクトップ版の両方をWinタブで使ってみた。ところが、ストアアプリ版はおいらの環境だとメニューも何も表示されなくて使い勝手云々以前の問題だったし、デスクトップ版はタッチUIで使うには各要素が指で操作しづらい。イイソフトはないかと思って調べていて見つけたわけで。

このKodiはデスクトップアプリなのにタッチデバイスで非常に使いやすいUIなのが気に入ったポイントかな。

メニューを日本語表示出来るように変更する。

インストールしたばかりだと英語表示なので、設定を変更する必要がある。

Kodi wintab 01

Kodi wintab 02
メインメニューの「SYSTEM」→「SETTING」をクリック。

設定メニューが表示されるので「Appearance」をクリックする。
Kodi wintab 03

「Skin」のFontsを「Arial based」に変更する。
Kodi wintab 04

「International」のLanguageをJapaneseに変更する。

Kodi wintab 05

先に書体を変更しないとメニューが文字化けというかほとんど表示されなくなるので要注意。ちなみにkodiを入れるときにxbmcの設定を引き継いでくれるので、XBMCをインストール済みかつ日本語表示設定済みの場合は↑の設定は必要なかったりする。

動画ファイルを再生する。

おいらの場合は動画再生がメインなので、「動画」→「ファイル」をクリックする
Kodi wintab 06

再生したいデータがある場所を追加するため、「ビデオを追加」をクリック。

Kodi wintab 07

「ビデオソースの追加」というウィンドウが表示されるので「参照」ボタンをクリックする。

Kodi wintab 08

共有できるネットワークの一覧が表示される。おいらの場合はDLNAとWindowsネットワークから共有出来れば問題ない。
Kodi wintab 09

DLNAから共有する場合は「UPnPデバイス」をクリックする。開くとDLNAサーバになっているデバイスが表示されるのだ。
Kodi wintab 10 1

表示されたデバイスのうち、再生したい動画ファイルがあるデバイスを共有する。今回はfoltiaの録画データを見られるようにしたいのでfoltiaを選択してOKボタンをクリックする。これで一応設定完了。

こんな感じで再生できる。

Kodi wintab 11

もちろん、ローカルにコピーした動画も登録できる。再生できるファイル形式も非常に多彩なので、最近のメージャーな動画ファイルならほぼ再生できるんじゃないかな。タッチUIなWindowsタブレットではかなり使いやすいので、Windowsタブレット使いなら入れておいてそんはないと思う。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

cheero
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る by AZlink

【参考リンク】

Kodi | Open Source Home Theatre Software
Windows用のDLNAクライアントとしてXBMCを使ってみる – Signal Flag "Z"

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です