ついにaps-cモデルにも手ぶれ補正がボディに搭載!! α6500はNEXユーザーのオイラに非常に刺さった

オイラはソニーのミラーレスNEX-6を愛用しているんだけど、気になるEマウントモデルが先日海外で発表された。

α6500というモデルで、オイラがグッと来た特徴はボディに手ブレ補正機能がついに実装されたこととタッチAFが実装されたことかな。

ボディ内手ぶれ補正はα7Ⅱに実装されていたけど、aps-cモデルについてはなかなか実装されなかったのだ。

手ぶれ補正のないレンズを使うときにかなり使い勝手が良さそうで激しく気になるわけで。

今までの手ぶれ補正付レンズももちろん利用できる。その場合はレンズ側でピッチ軸とヨー軸を補正して、ボディ側で水平、垂直、ロール軸を補正する形になるそうな。これで5段分効くようなので暗いところでの撮影にもかなり便利そう。

EVF搭載モデルにはタッチパネルは実装されていなかったけど、α6500では実装されている。スマホのカメラアプリの操作感に慣れていると、カメラでもタッチパネルでAFが使えるとかなり便利かも。

手ぶれ補正やタッチAF以外だと画素数や合焦速度についてはα6300に共通っぽい。共通とは言ってもα6300のスペックはかなりすごい。

  • 425点像面位相差AF
  • 169点コントラストAF
  • 4Dフォーカス対応

コレに加えて連射性能がとんでもない

いつまでたっても連射してるとか、ミラーレスってレベルじゃねーな(笑)

ボディ内手ぶれ補正が付いているからあわせて使ってみたいレンズは色々あるなー。

ソニー FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28
ソニー FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

50mmマクロはフルサイズ用なんだけどAPS-CなEマウントで利用すると換算75mmとちと望遠よりになるのかな。テーブルフォトとかブログ向けの小物を撮るにはなかなか良さ気。

SIGMA 単焦点大口径標準レンズ Contemporary 30mm F1.4 DC DN ソニーEマウント用 ミラーレス(APS-C)専用
SIGMA 単焦点大口径標準レンズ Contemporary 30mm F1.4 DC DN ソニーEマウント用 ミラーレス(APS-C)専用

絞り開放が1.4とかなり明るいレンズで気になるのよね。

スペックを眺めてるけど、APS-CなEマウント機を使ってるユーザーからすると不満点・要望をまんべんなく満たしているα6500はかなりグッと来てる。

国内正式発表が楽しみだなぁ…

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です