α6500にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせに再チャレンジ!! 今度は上手く行ったかも

MC-11+シグマ17-70mmの組み合わせが非常に快適で撮り歩きするときはα6500と一緒に持ち出すことも多かったんだけど、やっぱりα6500と組み合わせて使いたい。

Mc11c 01

以前同じことをしたときはこのエントリに書いた。

このときは暗くなったりちょっと絞ったりするとAFがほとんどつかない状態でα6500で使うのを断念したわけだけど、試していないことがあった。

MC-11のファームウェアは最新版にしていたけどレンズについては未確認だった。シグマの17-70mmはUSBドックを使えばファームウェア更新やピント調整ができるのでレンズ側を調整すればマシになるかも…と思いやってみた。


ファームウェア更新や設定見直し

キヤノン用マウントのレンズなので対応するUSBドックをまずはゲット。

レンズのピント調整はα6500側でもできるんだけど、MC-11経由では調整項目がグレーアウトしていていじれない…ということもあってUSBドックが欲しかったのだ。

まずはレンズのファームウェアバージョンを確認

シグマのサイトでファームウェアバージョンを確認すると、キヤノン用マウントの最新バージョンは1.02。

手持ちの17-70mmのファームウェアバージョンを確認すると1.00だったので早速更新。

Mc11c 02

コレで多少マシになるかと思ったけどα6500では全然ダメ。これはピント調整をUSBドック経由でやるしか無いのか? って思ったけど調整の手間を考えるとあまり気が乗らなかった。それにα6500に合わせると、NEX-6で使い勝手が悪くなりそうだったから躊躇したわけで。

ファームウェア更新結果なんかをTwitterで呟いていたらカメラクラスタの知り合いから「シグマに問い合わせすると良くね?」というリプライを複数もらったこともあってシグマに問い合わせしてみた。

シグマから返事が来たんだけど、メールの問い合わせ時点では動作検証中とのことで、全機能で問題が無いかチェック中らしかったのだ。なので動作安定性を向上させるファームウェア公開も期待できそうだけど、返信メールには一切明言されてなかったので公式発表を待つしか無いと思っていた。ちなみに問い合わせしたのが2週間以上前の話なので、そろそろリアクションが欲しくなってきた(笑)

年末年始を挟んだから連休明けに何かしら発表あると嬉しいんだけどねぇ…。

現状ではシグマの発表を待つしか無いか…とあきらめていたところで気になるツイートを発見。おいらのようにα6500にMC-11を付けている人だったんだけど、その人はシグマの高倍率ズームで非対応AF-Cが使える…という趣旨のツイートだった。

レンズのファームウェア更新前に試したときはモーター音が大きいしモーターが小刻みに動く振動も凄くて壊れないかちょっと不安になるレベルだった。

ファームウェア更新後はAF時のモーター音も小さくなっていたから、試しに使ってみるとかなり良い感じ。

やっと当初目論んだ組み合わせで使える!!

当初AF-Sではオートフォーカスがほとんど使えなかったのが解消してるのかも…と思って年末に色々と撮り歩きをしてみた。

Mc11c 03

Mc11c 04

Mc11c 05

Mc11c 06

中央あたりの原寸大。もう少しシャープだと思ったんだけどこんなもんかな?

Mc11c 07

Mc11c 08

Mc11c 09

Mc11c 10

とまぁ、中々イイ感じに撮れてると思う。

気になるMC-11の挙動

年末年始はα6500にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせで使っていたけど、きょっと気になることを発見した。

手ぶれ補正機能がボディに実装されたのがα6500のウリのひとつなんだけど、MC-11を使用しているとボディ側の手ぶれ補正機能が強制的にOFFになっているようなのだ。

Mc11c 11

α6500のメニュー画面を撮ってみたんだが、「手ブレ補正」の項目がグレーになっている。

ちなみにレンズ側の手ぶれ補正機能をオフにした状態がこちら。

Mc11c 12

「手ブレ補正」の項目はグレーアウトになっている。

「手ブレ補正」をオンの状態でもオフの状態でも詳細メニューは開くことはできず、こんな表示が出る。

Mc11c 13

α6500にMC-11を付けた状態の挙動ってこれで正しいのかがわからない。ボディ内手ぶれ補正機能がついているα7シリーズにMC-11を付けたときの挙動ってどうなんだろう? 同じかどうかが知りたい。

もし違うならMC-11がα6500に完全に対応していないって言えるので、やっぱりシグマから正式発表があるといいなーと思ってみたり。

シグマが公式に対応していないってアナウンスしていたAF-Cでそれなりに使えてしまうのはちょっと謎だけど、正式発表があるまではこのまま使い続けるつもり。

最後にひとつ。おいらがとった方法はシグマが動作保証していない方法でたまたま上手くいったケースの可能性がある。試すときは注意して欲しいかも。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です