α6500+SAL1650で夜の撮り歩き

α6500に付けっぱなしにしているSAL1650

Sal1650a 07SONY NEX-6 (107mm, f/8, 1/50 sec, ISO1600)

最初の不調には困ったけど、その後は露出が突然上がりすぎるトラブル以外は普通に使えてる。

休み前の仕事上がりにそのまま夜の撮り歩きに行くことが多いんだけど、東京駅や浅草寺に行った時の写真をピックアップしてみた。

スポンサーリンク
広告

SAL1650は夜の撮り歩きで使いやすいかも

浅草・浅草寺

浅草寺はスカイツリーに行ったついでに立ち寄ることが多く、夕方から夜になることが多いので、絞り開放が広角も望遠もF2.8という明るさがありがたい訳で。

Sal1650c 01

Sal1650c 02

Sal1650c 03

Sal1650c 04

Sal1650c 05

全部絞り開放ではないけど、いざとなったらF2.8まで開けるのは夜の撮り歩きではありがたいと思った。

東京駅

Sal1650c 06

広角端が16mm(換算24mm)と広い範囲を撮れるのは嬉しいなって。

Sal1650c 07

Sal1650c 08

KITTE。

Sal1650c 09

KITTEの屋上。

Sal1650c 10

まとめ…のようなもの

イメージしてたよりも明るく写って最初は戸惑ったけど、中々イイ感じに使えてちょっとほくほくしてる。APS-CなEマウント機でまともな標準ズームってなったらSEL1670になっちゃうんだけど、これより明るいレンズを使いたくなると単焦点かフルサイズ用のレンズになっちゃうけど、正直いい値段過ぎるのでためらう人も多いんじゃ無いかな。

おいらはMC-11+シグマ17-70mmやLA-EA1+SAL1650なんて組み合わせを試してみたけど、たまたま中古で手頃な値段で揃ったり元々手元にあって初期投資がレンズだけで済んだわけで。トータルで考えれば中古の1670が買えるくらいになってたのは間抜けかなーと思わないでもないけど、個人的な興味は満たせたのでアリだと思ってる。

しばらくはSAL1650をメインで使うつもり。

スポンサーリンク
広告

スポンサーリンク
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です