「 roppa 」一覧

α6500でMC-11+シグマ17-70mm利用ユーザに朗報!? ファームウェア更新でAF-Sがかなり実用的になった!!

α6500で使う頻度が高いMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせなんだけど、おいらの環境ではAF-Sがまともに動かないので公式には対応していないAF-Cで使っていた。

Mc11c 01

その辺のことはこのエントリで書いていた。

標準ズームは中々使い勝手は良いんだけど、AF-Sが使えないのはやっぱり不便。α6500のようなAPS-CサイズのEマウントモデル向けにMC-11のファームウェア更新を待ってたけど、全然音沙汰がない。こりゃAPS-C向けは期待できないのかもなぁ…なんて思っていたところにMC-11と17-70mmのファームウェアが更新されたのだ。

一番最初にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせで使ったときはいろいろ問題があってAF-Sでは全然使えなかった。

そのときのことはこのエントリにも書いたけど、気になってたポイントを引用してみた。

  1. 望遠側だとAF合焦率が落ちる。
  2. AFが被写体の後ろで合焦する比率が高いのは望遠を使っているとき。
  3. 絞ったり(F8)、暗くなったりでシャッタースピードが遅くなるとAF合焦率が極端に落ちる。
  4. 被写体のバックがうるさい(複雑な模様とか枯れ草などが生い茂っている場合など)とAF合焦率がかなり落ちる。または被写体の後ろで合焦する。
  5. 電源を入れているとピントリングがせわしなく動いているようでバッテリーの消耗が早そう。

この辺がどれくらいどれくらい改善されたのかはかなり気になっていたわけで。

続きを読む


たまった不要品を徹底的に処分してみた。

モノが多すぎて比喩じゃ無く埋もれそう…

春先から2ヶ月ちょっと、ちょっとずつ片付けていたんだけど、最近やっと折り返し地点にたどり着いた。

何でこんなに時間がかかっているのかというと、単純にモノが山ほどあって各種ゴミの日に合わせて処分しなくちゃならないこともあって中々進まなかったのだ。

とにかくスペースがあれば所構わずモノを置きまくったせいで積み上がった山の中から処分したいモノをより分けるところから始めたわけで、最初は分けるためのスペースすらままならなかった。

とにかく片付けるためのスペース確保のため、モノを捨てて捨てまくったんだけど、17インチのCRTモニターと壊れた自作デスクトップPCや壊れたPS3の処分に困ってしまった。

こういう粗大ゴミの処分をサボってたからこの機会にまとめて捨てたいと思って色々調べると、CRTモニターはメーカーに回収してもらうしかなさそう。オマケに結構費用が高い。

ちなみに処分しようと思ったのは飯山のA702Hというモニタ。

17インチなので重いしデカいし場所を取ってしまうのだ。あとで処分しようと放置していた上に、モニタの上に大量にモノを載せていたのでこいつらを片付けないと処分すらできなかったわけで。

やっとCRTモニターを取り出せるところまで片付けたのは良いけれど、梱包する段ボール箱が無くて慌てて買いに行った。ネットで注文しても間に合いそうに無かったので近場で売ってそうなところを探したところ、東急ハンズにありそうということが分かって新宿でゲット。17インチのCRTモニターってかなりデカくて焦ってしまった…。

お次は自作デスクトップPCやPS3何かも処分したくて自治体の粗大ゴミに出すことも考えたけど、それなりにお金がかかりそう。費用を抑えて捨てられないか…と思っていたところで見つけたのがパソコンファームという会社なのだ。

ちょうど無料訪問キャンペーン中で上手く当てはまるモノがあったから頼んでみた。

該当品以外にも回収してもらえるモノがあって、不要になったガラケーとかドライバーが無くて使えなくなっていた複合機も一緒に回収してもらえたから片付けが相当捗った。

不要な本も並行して処分していた。ボロボロだったモノは資源ゴミの日に捨てて綺麗なモノはブックオフに売りまくった。

まとめて売りに行ければ良かったけど、至る所に置きまくったことと作業スペースが確保できないほどモノであふれていたから、抱えて持って行けるだけブックオフに持って行く…というのをしばらく続けていた。

部屋のモノが減ってくると開放感がかなりあって、モノが多すぎるのも考えものだなぁ…としみじみ思ってしまった。片付けた達成感は相当あるけど、まだ折り返し地点で気を抜けない。

とは言え、ようやくPCを常時稼働できるスペースを確保できたのでデジカメの撮影データを弄ったりBlogの更新頻度を上げたり色々したいことはたくさんある。せっかくイイ感じに片付いてきたのでこのペースを維持していきたい(笑)


α6500にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせに再チャレンジ!! 今度は上手く行ったかも

MC-11+シグマ17-70mmの組み合わせが非常に快適で撮り歩きするときはα6500と一緒に持ち出すことも多かったんだけど、やっぱりα6500と組み合わせて使いたい。

Mc11c 01

以前同じことをしたときはこのエントリに書いた。

このときは暗くなったりちょっと絞ったりするとAFがほとんどつかない状態でα6500で使うのを断念したわけだけど、試していないことがあった。

MC-11のファームウェアは最新版にしていたけどレンズについては未確認だった。シグマの17-70mmはUSBドックを使えばファームウェア更新やピント調整ができるのでレンズ側を調整すればマシになるかも…と思いやってみた。

続きを読む


NEX-6でMC-11+シグマの標準ズームの17-70mmの組み合わせで撮り歩き

α6500で使おうと思っていたMC-11+17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMの組み合わせはAF-SだとうまくAFが動かないこともあってNEX-6で利用していた。

Mc11b 01

α6500で使っていると夕方くらいからAFが使えないしやたらと迷うので「コレは失敗したかも」と思ってしまった。

このエントリでも書いたけど、絞ったり暗いところではAFが全然使えなかったのだ。

せっかく買ったのに使えない使わないのはなーと言うこともあって試しにNEX-6につけてみたら思ったより使えたことに驚いたわけで。

多少迷ったりAFでピントが合ってなかったりするケースもあったけど、α6500で使うよりはかなり快適だったこともあり、しばらくNEX-6につけていた。

続きを読む


2016年にIYHして満足したもの

2017年第一発目は2016年に買って満足したものをピックアップ…というブログ書きあるあるネタだったりする。

1年の振り返りということで書いておきたくなったわけで…。

2016年はあまりIYHしないでおこうと思ったものの、年末に立て続けにIYHしてしまい中々ままならない1年だった(笑)。

ままならないけど買って良かったと満足度の高いものを上げてみた。

続きを読む


α6500で月島〜東京駅を夜の撮り歩き。ボディ内手ぶれ補正の強力さに驚いた #α6500

最近買ったばかりのα6500なんだけど、中々外に持ち出す機会が少なかったりする。目玉機能のひとつがボディ内手ぶれ補正を試せないのがちょっと悲しい。

ソニーストアで触ったときに感動してエントリを書いたっきりだったので、ボディ内手ぶれ補正の効きを確かめたくて、仕事帰りに遠回りして夜の撮り歩きで試してみた。

A6500h 01 続きを読む


シグマ脅威のマウントコンバーターMC-11とシグマ製標準ズームの17-70mmをIYH!! これでα6500で快適に使うつもりだったんだけど…

α6500を買うちょっと前から標準ズーム欲しい熱が高まっていて、APS-CなEマウント機で利用できそうな標準ズームについてエントリにまとめていた。

いくつか候補を挙げていたけど、一番ぐっときていたのはMC-11+17-70mmの組み合わせ。タイミングが合えば買うかも…なんて思っていた結果、予想よりも早くゲットしてしまっていた。

Mc11 01 続きを読む


α6500を開封してNEX-6と比べてみた。

発売日当日にゲットしていたα6500なんだけど、背面液晶の保護フィルムを貼る事ができた。

A6500g 00

色々とスペックが向上しているのは知っていたけど、実物どうしを比べてみたいという気持ちもあって開封するついでに今まで使っていたNEX-6と比較してみた。

A6500g 02 続きを読む


ついにα6500が到着!! #α6500

発表されてからはや数ヶ月。この日をどれだけ待ったことか…

A6500f 01

α6500 ILCE-6500がついに発売されたわけで。発売日当日に発送されてたのは嬉しかったのだけど、仕事の都合で夜ギリギリに受け取ることになったわけで。

続きを読む


ソニーストア銀座でα6500を触り、ボディ内手ぶれ補正の強力さに感動した #α6500

ちょっと前にこんなエントリを書いていたけど、α6500の実機がⅠ週間早くソニーストアに展示されることになっていたのだ。

タイミングよく休みだったので触ってきたわけで。

ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500 続きを読む


スポンサーリンク
広告