「 デジカメ 」一覧

デジカメ関連の内容

α6500の設定ボタンをカスタマイズしてみた

NEX-6を使っていたころは設定ボタンをカスタマイズしたことがなくてデフォルトのままで使っていたんだけど、α6500を使い出してからはNEX-6を使っていたころよりも頻繁に設定を変える機会が多くなったのでボタンのカスタム設定をしてみた。

A6500k 01SONY NEX-6 (143mm, f/8, 1/50 sec, ISO800)

メニュー画面で選ぶよりも物理ボタンでサクッと選べるようになると何気に便利になったわけで。

いくつかボタンをカスタマイズしたので備忘録を兼ねてエントリにしてみた。

続きを読む


α6500+SAL1650で夜の撮り歩き

α6500に付けっぱなしにしているSAL1650

Sal1650a 07SONY NEX-6 (107mm, f/8, 1/50 sec, ISO1600)

最初の不調には困ったけど、その後は露出が突然上がりすぎるトラブル以外は普通に使えてる。

休み前の仕事上がりにそのまま夜の撮り歩きに行くことが多いんだけど、東京駅や浅草寺に行った時の写真をピックアップしてみた。

続きを読む


シグマ驚異のマウントコンバーターなMC-11をα6500に付けたときに勘違いしていたこと

SAL1650を使う前はMC-11+シグマ17-70mmをα6500に付けてずっと使っていた。

Mc11c 01 NEX-6 (71mm, f/8, 1/80 sec, ISO800)

使ってた経緯なんかはBlogに書いていてMC-11タグで一覧できる。

MC-11+シグマ17-70mmを使っていてずっと勘違いしていたのが手ぶれ補正の挙動だった。

続きを読む


RAWデータのレタッチ時間はどれくらい? Twitterで聞いてみたら面白かった。

最近デジカメで撮ったRAWデータを弄る機会が増えてきた。一番弄るのが夜に撮った写真で、ISO感度高めでとることが多いからRAWデータで見るとノイズが結構のっているのだ。どれくらい消せるのかなーとやってしまって気づいたら30分くらい経ってたこともよくあった。

Sal1650b 02

こんなのとか。

弄っていると他の人はどれくらい時間かけてるんだろう…と気になったのでTwitterのアンケート機能を使って質問を投げてみた。

続きを読む


ズーム全域でF2.8は非常に魅力なSAL1650が戻ってきたのでα6500につけて撮り歩きしてみた。

ちょっと前にポチっていたAマウントAPS-C用の標準ズームのSAL1650

Sal1650a 01

色々撮るぞーと思っていたところにマウントアダプターのLA-EA1が不調でメーカー修理に出していた。

このエントリでも書いたけど、シャッタースピード低速時にシャッターが切れるタイミングが以上に遅くなったり、いきなり強制的に露出が明るくなったりと気になる不調が見つかったのでソニーストアに預けていたのだ。

不調だった原因についてはメーカー工場で再現しなかったとのことで、点検清掃だけされて戻ってきたわけで。

戻ってきてから確かめたけど、一番気になってたシャッタースピード低速時の不調はなかったのでとりあえず使い続けようかと考えてる。

続きを読む


シャッタースピード低速時にトラブル!? LA-EA1がちょっと不調だったのでソニーストアに持ち込んでみた。

ちょっと前にAマウントの標準ズームのSAL1650を買ってこんなエントリを書いた。

せっかく買ったんだけど、休み前だったり仕事が忙しくて持ち出して撮るタイミングがなくってやっと休みで撮り歩きしようと思ったら気になる動作が出てきてしまった。

Sal1650a 02SONY ILCE-6500 (35mm, f/8, 1/40 sec, ISO1600)
続きを読む


レンズも増えたしそろそろ防湿ケースを買ってもいいかも

2016年の終わりからカメラボディやレンズが増えてきて、そろそろカメラやレンズの保管スペースをどうにかしないと…と思うようになってきた。

カメラにとって湿気は大敵で、梅雨の時期は湿度も高いからレンズにカビが生えてしまったりすると目も当てられない。

旧ブログでも保管方法考えないとな~とつらつら思ったことをエントリに書いていた。

考えるか…と思ってそのままきてしまって何年も経ってしまったわけで。部屋自体も大掃除したお陰でスペースも確保できそうなので今度こそ導入を考えてもいいかも。

続きを読む


F2.8通しの標準ズームのSAL1650をIYHしてみた。

前から気になっていたAマウント用のF2.8通しの標準ズームのSAL1650を買ってしまった。

Sal1650a 00SONY NEX-6 (112mm, f/8, 1/60 sec, ISO1600)

α6500を買ってからすぐにMC-11とシグマの17-70mmを手に入れて半年くらい使っていくつかエントリも書いていた。


最初は満足してたんだけどもうちょっと明るいズームレンズが欲しいと思うようになってきたところで前から気になっていたAマウント用の標準ズームのSAL1650をポチってしまったわけで。

続きを読む


α6500でMC-11+シグマ17-70mm利用ユーザに朗報!? ファームウェア更新でAF-Sがかなり実用的になった!!

α6500で使う頻度が高いMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせなんだけど、おいらの環境ではAF-Sがまともに動かないので公式には対応していないAF-Cで使っていた。

Mc11c 01 NEX-6 (71mm, f/8, 1/80 sec, ISO800)

その辺のことはこのエントリで書いていた。

標準ズームは中々使い勝手は良いんだけど、AF-Sが使えないのはやっぱり不便。α6500のようなAPS-CサイズのEマウントモデル向けにMC-11のファームウェア更新を待ってたけど、全然音沙汰がない。こりゃAPS-C向けは期待できないのかもなぁ…なんて思っていたところにMC-11と17-70mmのファームウェアが更新されたのだ。

一番最初にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせで使ったときはいろいろ問題があってAF-Sでは全然使えなかった。

そのときのことはこのエントリにも書いたけど、気になってたポイントを引用してみた。

  1. 望遠側だとAF合焦率が落ちる。
  2. AFが被写体の後ろで合焦する比率が高いのは望遠を使っているとき。
  3. 絞ったり(F8)、暗くなったりでシャッタースピードが遅くなるとAF合焦率が極端に落ちる。
  4. 被写体のバックがうるさい(複雑な模様とか枯れ草などが生い茂っている場合など)とAF合焦率がかなり落ちる。または被写体の後ろで合焦する。
  5. 電源を入れているとピントリングがせわしなく動いているようでバッテリーの消耗が早そう。

この辺がどれくらいどれくらい改善されたのかはかなり気になっていたわけで。 続きを読む


α6500にMC-11+シグマ17-70mmの組み合わせに再チャレンジ!! 今度は上手く行ったかも

MC-11+シグマ17-70mmの組み合わせが非常に快適で撮り歩きするときはα6500と一緒に持ち出すことも多かったんだけど、やっぱりα6500と組み合わせて使いたい。

Mc11c 01 NEX-6 (71mm, f/8, 1/80 sec, ISO800)

以前同じことをしたときはこのエントリに書いた。

このときは暗くなったりちょっと絞ったりするとAFがほとんどつかない状態でα6500で使うのを断念したわけだけど、試していないことがあった。

MC-11のファームウェアは最新版にしていたけどレンズについては未確認だった。シグマの17-70mmはUSBドックを使えばファームウェア更新やピント調整ができるのでレンズ側を調整すればマシになるかも…と思いやってみた。

続きを読む


スポンサーリンク
広告